Chanson!
Sachikoの歌声をお楽しみください
Enjoy My Blog
貝山幸子の活動や日々の徒然
Live! Live! Live!
コンサートやライブのご案内&ご予約
Essay
?年前のパリ留学日記やエッセイ
Menu
Languege
Themes

5 テーマ
Search
Who's Online
4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 読み物 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
読み物 > 河北新報コラム > 第4回:8月のパリ(8月3日掲載)
第4回:8月のパリ(8月3日掲載)
投稿者: Sachiko 掲載日: 2004-10-17 (2327 回閲覧)
パリの8月。カフェのテラスで1日中ビールを飲んでいたくなるような開放感。
バカンスにでかけたパリジャンの代りに世界各国から集まってきた観光客がパリを守る。

今回のパリ滞在は約一ヶ月。猛暑の日本を抜け出してソウル経由でパリに入った。
到着早々、パリの友人達と郊外にある超大型スーパーマーケットに直行。
とにかくこのスーパーは広い! ワイン売り場だけでも日本のコンビニの倍以上の面積。
圧巻はチーズ売り場。種類が豊富。
量り売りのコーナーでは4人のおばさんが手際よく客の注文を聞いていく。
後ろにどんな長い列が出来ていたって客に妥協はない。
「何日の何時頃に食べ頃になる***をちょうだい。」
そこまで細かく注文しておきながら、店員が差し出すチーズにああでもない
こうでもないと議論を始める人も。
そういう人って買っていく量が案外ちょっぴりなんだよね。

となりのハム・ソーセージ・パテ売り場を見るとこちらも長蛇。
なんと列の先頭にいるのは、私の友達。
「サチコォー! 来て!! ちょっと食べて!」
回りに胡椒がついているサラミを振り回しながら、私を呼ぶ。
「生ハムどれがいい? 全部試食してみる?」
後ろのお客達の冷ややかな視線を浴びながら生ハムを試食してもねえ・・・
結局、小心者の私はいつも食べなれている生ハムを指差してしまった。
せっかくこんなに選択の余地があるのに。あーもったいない。

この日の夕飯のメニューは鳥の丸焼き、トマトとモッツァレラチーズのサラダと
グリーンサラダ、生ハムとサラミ、フランスの田舎風パンと1994年物の
スペイン産ワイン。スーパー直送の定番メニューが食卓を飾ったのでした。
夕食が終わって外を見るとまだ明るい。夜10時頃まで明るいパリの夜。
時差ぼけよりも、一日の長さにボケてしまいそう。

今回のフランス滞在の最大の目的はレコーディング。
パリのミュージシャン4人と日本人ピアニストがバックを努めてくれる。
メールで原稿をパリから送ってると作家になったみたい!
次回もパリからお届けします。

ページ移動
良く読まれた記事 第3回:パリの日本人(7月27日掲載) 第5回:パリにビーチ現る(8月10日掲載) 次の記事