Chanson!
Sachikoの歌声をお楽しみください
Enjoy My Blog
貝山幸子の活動や日々の徒然
Live! Live! Live!
コンサートやライブのご案内&ご予約
Essay
?年前のパリ留学日記やエッセイ
Menu
Languege
Themes

5 テーマ
Search
Who's Online
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 読み物 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
読み物 > 河北新報コラム > 第1回:欲深は勝利せず(7月6日掲載)
第1回:欲深は勝利せず(7月6日掲載)
投稿者: Sachiko 掲載日: 2004-10-17 (1535 回閲覧)
土曜日に書かせていただきます貝山幸子です。
素敵な機会をいただけて光栄です。これから2ヶ月間よろしくお願いいたします。
ワールドカップ、盛り上がりましたか? フランスチームが決勝リーグで日本に来る事を
祈っていたのですが・・・がっくり。まさか、一点も入れられないなんて!

前回の一九九八年のフランスワールドカップ。私はその時パリに住んでいました。
“日本初出場”の恩恵を在パリの多くの日本人が受けていたのに私には美味しい話はさっぱり。
サッカーに興味もないし別にどうでもよかったけど。無欲の勝利とはよく言ったもの。

「一生のお願い、あさってから、**新聞社の通訳してくれない!」友人から電話。
彼女は大のサッカー好き。ワールドカップの仕事を心待ちにしていたのだが、
日仏の会社合併のプロジェクトの仕事が予定で終わらず、チーフの彼女は抜ける事ができずに
私に電話してきたらしい。

「社交的で体力があって、時間があるの幸子しかいないんだよね。」
ミーハー心がむくむくと湧きあがってきた。世界的イベントには参加しなくちゃね。
私は即答OK! 仕事の内容は、開幕前の全会場の取材。開幕後は試合の取材。
私のフランス語でこなせる内容だった。試合中は会場でサポーターになり大騒ぎ。
私の横で撮られている写真が新聞の一面を飾ったり、号外になったり。
オー!! ワールドカップ!!(私はただの通訳だったんですけどね)

おまけにフランスチーム優勝という誰も予想しなかった事が起きてフランス中が大喜び。
一九九八年六月は最高の思い出となったのです。よし、二〇〇二年ワールドカップも!
パリのマスコミ関係の友人達にもさりげなく抜かりないアピールをしたにも
かかわらず、なんの連絡もなし。おまけにフランスチーム最悪の帰国。
あー、がっくり! フランスのマスコミの通訳をしてフランス代表チーム
17番エマニュエル・プティを近くで見ようだなんて、具体的な欲を持っていた私。
やっぱり欲が深いと勝利は無いのですね。

八月末までのこの連載は無欲で取り組みます!
うーん、無欲を意識すると欲が出てくる。無欲ってむずかしいですね。
心をまっさらにして物事に取り組めるような人になりたいものですね。
今回はサッカーでしたが、来週からは、フランス・パリ・シャンソンを中心に書いていきたいと思ってます。
では来週。

ページ移動
第2回:巴里祭???(7月13日掲載) 次の記事