Chanson!
Sachikoの歌声をお楽しみください
Enjoy My Blog
貝山幸子の活動や日々の徒然
Live! Live! Live!
コンサートやライブのご案内&ご予約
Essay
?年前のパリ留学日記やエッセイ
Menu
Languege
Themes

5 テーマ
Search
Who's Online
8 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 読み物 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
読み物 > パリ留学日記 > 1.プロローグからエピローグへ
1.プロローグからエピローグへ
投稿者: Sachiko 掲載日: 2004-10-16 (4800 回閲覧)
このページを読んでくださっている皆様の中に、パリに留学したいと考えている方も多いのでは?

SACHIKOは1993年9月〜1999年3月までパリに住んでいました。27歳からのパリでした。きっとアメリカやイギリスはもっと若い子達がたくさんいるんだろうけど、パリは意外と年齢層が高い。
パリの語学学校の初級のクラスで私は一番若い日本人でした。

思い起こせばパリに住んだ最初の1年は、とにかく必死でこの街に居場所を探していた私でした。そんなSACHIKOの奮闘振りを、パリに住んで1年経ったある日、記録に残しておきたいと思い、突然エッセイを書き始めました。
私の1993年9月〜1994年9月までの生活です。

パリでこれから頑張ろうと思っている人、パリに興味のある人、とにかくたくさんの方に読んでもらいたいと思っています。

1994年9月17日

午前7時。あまりの寒さに起きてしまった。何も用がない今日はお昼まで寝ているつもりだったのに。
異常気象といわれた今年の日本の暑さに比べたら、今日のパリはとても寒い。頭はパリに馴染んでいるのに体は正直だ。体が寒さに反応している。仕方がないので起きることにした。

部屋からの風景
部屋からの風景
10月に入らないと暖房がつかない部屋でセーターを2枚着て毎朝の習慣である米とぎに入る。
「パリの朝はやっぱり、クロワッサンとカフェオレなんでしょう?」
夏に帰国した時いやと言うほど聞かれた.
思いっきり気取って「ええ、毎朝焼き立てをいただきますのよ」 といいたい所だが
私の朝は、1キロ7フラン(140円)のイタリア産のお米を研ぐ事から始まる。
米を研ぎながら思う。
「今日は、滞在許可証の更新の日だ」
そう、今日はパリ生活1年目を迎える日なのだ.
思い返すと、この一年はあっという間に過ぎてしまった. そして、さまざまな事がありすぎた1年であった。
がむしゃらに生活してきたので、冷静に時間をかけて書き留める気力がなかったが、 忘れるにはあまりにもおしい事ばかりなので、思い出すままに書くことにした。

それにしても、パリはなんて面白い街なのだろうか。ふと、ジリオラ・チンクエッティの歌が浮かぶ。
「あー。パリ不思議な街、気がついたときは恋に落ちている.知らずに・・・いつの間にか・・」
そう、私はやっぱりパリに恋をしてしまっているのだ(シャリシャリ、お米を研ぎながら、パリの空を眺める私)。

1994年10月17日

私のパリでの生活を書き綴り始めてから調度一ヶ月がたった。
この作業は思いのほかスムーズに進み、一つの区切りを迎えようとしている。
書き足りないことも山ほどあるし、私のこのつたない表現力でこの1年の私の生活ぶりが正確に伝わったであろうか?
“住めば都”というけれども、私にとって住む前から都だったパリは、スーパーミラクルシティになってしまった。
この街で過ごしたこの最初の1年間は一生忘れないであろう。

猫のイラストスーツケース一つでゼロから始まった私の生活だったが、家財道具が増えるのと同様に、私のパリでの日常も増えていった。現在、私の生活の拠点は間違いなくパリである。
生まれたばかりの赤ん坊も1歳になるとヨチヨチと一人で歩き出す。私も今からやっと一人出歩くことが出来るという感じだ。これからのパリでの生活が楽しみである。
これを書いている間にも私の周辺ではいろいろな事が起こったし、私の状況も変わっていった。

「ああーパリ不思議な街
 気がついた時は恋に落ちている
 知らずに
 いつの間にか」

ジルダ・ジュリアーニのこの歌のようにパリは万華鏡のごとく不思議な街だ。
そして、ふと気がつくと私は完全にパリに恋をしてしまっていた。
知らずに・・いつの間にか・・。

ページ移動
2. ソルボンヌ大学 次の記事